三線 スタジオジブリ
new
5be55108434c7202ce0003db

三線 スタジオジブリ

¥2,000 税込

送料についてはこちら

スタジオジブリの名曲を、三線による癒しの琉球アレンジで。 沖縄の風を感じながら、ジブリメロディーで心地良いひとときを。 ジャケットはジブリ映画の背景美術を手掛ける背景画家、佐藤詩穂による描き下ろしイラスト! 沖縄音楽のプロデューサーDJ SASAと沖縄の若手実力派三線奏者、城間竜太のコラボにより、 12曲のジブリソングが癒しの琉球サウンドに生まれ変わりました。 心と身体がリラックス出来る癒しの音楽を提供するシリーズ「RELAXY」がお届けします。 <収録曲> 01. いつも何度でも (「千と千尋の神隠し」より) 02. となりのトトロ (「となりのトトロ」より) 03. いのちの記憶 (「かぐや姫の物語」より) 04. テルーの唄 (「ゲド戦記」より) 05. さんぽ (「となりのトトロ」より) 06. カントリー・ロード (「耳をすませば」より) 07. ひこうき雲 (「風立ちぬ」より) 08. 君をのせて (「天空の城ラピュタ」より) 09. 崖の上のポニョ (「崖の上のポニョ」より) 10. いつでも誰かが (「平成狸合戦ぽんぽこ」より) 11. やさしさに包まれたなら (「魔女の宅急便」より) 12. 風になる (「猫の恩返し」より) ■ジャケットイラスト:佐藤詩穂 2006年にスタジオジブリ入社。現在はフリーとして活躍中。「ゲド戦記」「崖の上のポニョ」「借りぐらしのアリエッティ」「風立ちぬ」「思い出のマーニー」他、スタジオジブリ映画の背景美術を担当。ジブリ作品以外にも細田守監督「サマーウォーズ」他、日本を代表するアニメ作品の背景美術を担当する背景画家。今回はスタジオジブリの協力により、オリジナルイラストの描き下ろしを快諾。沖縄の象徴であるシーサー、今にも風にそよぎ出しそうなさとうきび畑、そして波の音が聞こえてきそうな遠浅の海を、ジブリ映画のワンシーンのような心地よいイラストに仕上げてくれました。 ■アーティスト:Super Natural with DJ SASA and Ryuta Shiroma 「RELAXY」シリーズで癒しの演奏を披露している不定型音楽ユニット「Super Natural」。このユニットによる沖縄音楽の三線ソロ作品「三線アイランド」も大好評発売中。 ■DJ SASA 沖縄、ハワイなどアイランドミュージックのDJとしての活動の傍らアイランド系作品のプロデュースを手掛ける。沖縄音楽のプロデュース作品のクオリティと量は群を抜き、「ジブリんちゅ」「琉球ドライビング」他ヒットシリーズのプロデュースを数多く手がける。渡嘉敷島の観光大使も務め、 2018年には沖縄音楽作品のプロデュース開始から15周年を迎えた。 彼の作品は沖縄を訪れる観光客にも、お土産CDとして大好評となっている。 ■城間 竜太 1988年沖縄県東村生まれ。幼少の頃から沖縄音楽に興味を持ち,5歳のころ母親より三線を師事。南風原高校在学中に琉笛・胡弓・島太鼓などの琉球楽器も独学で学ぶ。“沖縄の文化を次世代に”をモットーに沖縄島唄に独自のバンドアレンジを加えライブ活動を行い、年間のライブ数は約120本を越える沖縄に根ざした三線アーティスト。 タイトル:三線 スタジオジブリ 発売日:2018年11月21日 税込価格:2,000円 形態:CD、配信 収録曲数:12曲 品番:IMWCD-1088